失敗した脂肪吸引、他院で修正してもらいました。

手術後とにかく痛かった

手術後とにかく痛かった痛みひいたのに失敗だったきれいな脚になれて良かった

私が脂肪吸引を決意したのは、彼氏からの「太ももが太い」という言葉がきっかけでした。
これまでもいろんなダイエットをして太もも痩せにも挑戦してきましたが、なかなか痩せる事が出来ませんでした。
脂肪吸引の事を調べると後遺症などリスクが高い事も知りましたが、一向に落とせない脂肪にイライラし、細くなって彼氏を見返せるにはこの方法しかないと思ったのです。
そこで早速地元の美容外科クリニックへカウンセリングを受けに行きました。
あまりそのクリニックについての情報は無かったのですが、脂肪吸引の実績もある事から大丈夫だろうと考えたのです。
カウンセリングは若い医師が担当して下さいましたが、私の質問に対して適当に答えている様子が気になりました。
一瞬この医師で大丈夫なんだろうかと不安にも感じましたが、話がとんとん拍子に進んでいき手術予定日も簡単に決まってしまいました。
こうなるとこの医師を信じるしかありません。
せっかく受けるなら出来る限りの脂肪を吸引してもらうと思い、手術に臨みました。
手術は痛いというイメージがありましたが、全身麻酔を受けてから行われたので、全く意識が無い間に終了しました。
目が覚めた時もまだぼんやりとした状態でしたが、麻酔が切れていくタイミングでズキズキとした痛みが襲ってきました。
その日は入院させてもらってますが、痛みが強いので痛み止めを注射してもらっていました。